1万円や2万円などの少額キャッシングしたい時に選ぶ金融会社

次の給料日まで1万円や2万円程のお金が不足する事は普通にありますよね。そんな時にそのお金をどうやって捻出するか悩む時もあります。そのように少額の金額ならば身内や友人等に借りられない金額ではありませんが、親しい仲でもお金の話となると別の事となるものです

 

そんな時には消費者金融の無利息サービスを利用してみるのも良いかも知れません。消費者金融というと怖いイメージを持つ人もいるかも知れませんが、現在の大手消費者金融ならば多くの会社が銀行の子会社となっているので安心です。
いくつかの大手消費者金融では、30日間無利息期間を設けているので給料日までの生活資金の不足も無利息キャッシングで凌ぐ事が可能になります。ただし無利息でキャッシングをするには、返済期間内に完済する事が条件となります。それでも1万円や2万円程の少額であるならば、給料日に返済する事も可能と言えるでしょう。

 

 

 

 

【1万円〜3万円を借りたい時には】

 

給料日前の数日間は生活費がピンチという事もあります。そんな時には少しでも早くキャッシングをしたいものですね。消費者金融でキャッシングをする時には「審査の早さ」、「無利息サービス」を基準にして選ぶと良いです。
例えばアコムは審査の早い消費者金融と言われていますし、30日間無利息期間のある会社です。

 

 

 

 

【少額キャッシングをする時に利用する消費者金融】

 

少額キャッシングをしたい時には、無利息サービスを行っている消費者金融があるという事を先程触れましたが、具体的にはプロミスやアコム、レイクやノーローンが無利息サービスを行っている消費者金融となっています。

 

初回の利用に限られますが、プロミス、アコム、レイクでは30日間無利息サービスを行っています。
レイクについては新生銀行レイクと名前も変わり銀行となりましたが、サービスは消費者金融の時から継続されています。そんなレイクではもう1つ無利息サービスがあり、200万円までならば5万円まで180日間無利息となります。

 

またノーローンでは1週間無利息となりますが、完済をする事で翌月以降にまた1週間無利息で利用ができるので、初回だけでなく何度も無利息サービスを受ける事ができます。
消費者金融で10万円以下を利用する場合にはプロミスでは17.8%の金利が付き、その他の大手消費者金融では18.0%が付きます。無利息サービスを利用する事で一定期間はこの分の利息の支払いが不要になりますので、お得なキャッシング方法と言えます。

 

 

 

 

【1万円借りると毎月の返済額と利息はどうなる?】

 

1万円を30日間借りた場合の利息は僅か150円です。その場合30日間無利息サービスを利用すればその間の利息は0円になりますが、それ以外の場合でリボ払いを利用する事になりますが、1万円の借入れならばそれ程大きな金額にはなりません。
3回払いにした場合には、毎月の返済額は3,400〜5,000円となり、利息のトータルは300円も掛からない金額となります。
また2万円を借入れた場合では、5回払いにすると毎月4,000〜5,000円の返済となります。利息のトータルは900円となりますので、2万円を借りた時でもそれ程大きな金額にはなりません。

 

この場合は1万円や2万円の借入れの話なのでこの位の利息で済みますが、少額キャッシングの金利は18.0%である会社が殆どなので、借入金額が大きくなったり返済期間が長くなる場合には、利息のトータルはとても大きな金額となって行きます。
消費者金融で借入れをする時には、必要な金額のみを利用する事が大切です。

 

1万円借りる方法